kirin、オフローダーを目指す!

SEROW250に相応しい乗り手になりたい人の日記

ご近所林道ツーリング 前編

朝9時集合。

本日7人。平日なのになかなかです。

 

カブト山を上り…なんですが…一昨日はほぼ一日中雨だったんですよ。ツルツルのにゅるにゅる。だ、大丈夫なのかな??取り敢えず、進んで行きます。

セロ君とツーリスト君に任せて…第1関門(まあまあ斜度のある坂)は突破。続きまして第2関門は木の根の段差を超えないといけないのですが…

あかんかった。

ちゃんとリーダーがルートを支持してくださったのですが…あかんかったよ…。

でね、今日はシロクマさんがご一緒なのですが、直ぐに代走の提案をして頂きまして…乗り手が代わるとするすると進むセロ君。

 

続いて、前回も前々回もそのまた前もリーダーに迎えに来て頂いた、立木と立木の間を通る所で…またしても、あかんかった。

今日は皆さんで迎えに来て頂きました。

何でこんなジミな所でもがいてるん?みたいな…。シロクマさんの指示に従って…あら?上がれた。

山頂では暫し休憩。その後下ります。

今日はツルツルのにゅるにゅるなんですよ。慎重に慎重に下ります。そろそろ。

ここまででカブト山は終了。

 

 

続きましては、初めて行く所。

リーダーも神様も行った事がないらしいです。大丈夫なのかな?でね、kirinは残ってます宣言したんですよ。何故なら今日は猛者ばっかりだし、実力が違い過ぎだし…。

あかんかった。和を乱してはいけない??

 

取り敢えずスタート。

山の斜面に人がひとり歩ける程度の道が付いています。この道を外れると真っ逆さまに落ちて行きます…。怖いよ。ゆっくりゆっくり、キンチョーし過ぎて死にそうです。

後ろからエビちゃんが励ましてくださいます。大丈夫って。

 

だけどね怖いです。落ちたりしたら、とんでもない事になりそう。更には木の根を超えないといけない…慎重に慎重に、エビちゃんとリーダーがフォローしてくださいます。ほぼ担いで貰った?みたいにクリア。

 

木の根を越えても道幅は変わらず、落ちるかも?という恐怖との闘いです。

で、エンストしまくりでね…後で気付いたら木の根を越える時にチェンジが3速に入ったみたい。あかんやん!

 

で、何とか道幅がましな所へ。

ここでも転倒一回。エビちゃんがね…助けてくださいます。kirinの後ろを走られる方は必然的にヘルプ係になってしまう…申し訳無さ過ぎる。

エビちゃん、毎回毎回、ありがとうございました!!

 

でね、一応抜けられた。

ここから、元来た道を戻る?冗談だよね??

だけど、ここでシロクマさんの後輪がパンクしてる事が判明。取り敢えずトランポ迄戻り、修理することになりました。

 

パンク修理。間近で見させて頂きました。チューブタイヤだったのですが、自転車と同じ感じでした。

どなたかがブログで書かれていたのですが、パンク修理はオフローダーの必須科目らしいです。今回見た感じなら3時間くらい掛ければ出来そう??ただし、自分が締めたボルトとか絶対に信用出来ないし、やっぱり無理かな…。

 

 

こんな感じで午前の部終了。