読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kirin、オフローダーを目指す!

SEROW250に相応しい乗り手になりたい人の日記

D谷線 Bコース(これはプチゲロじゃなくて、もうゲロアタックじゃないの?)編

お昼ごはんの後。

D谷のBコースです。

こちらは沢を渡って行きます。神様とHさんがちょっと土木工事をしてくださいました。

でね、沢を渡ったらすぐ上り。気を引き締めてゆっくり進入から、上れツーリスト!って感じ。

いや〜、ツーリストは凄いです。もう上りはツーリストにお任せすればいいみたい。取り敢えず、kirinがツーリストの邪魔さえしなければトコトコ。何度か転倒(ツーリストの邪魔をした場合)もありましたが、トコトコ。

 

で、やっぱりこちらでも下りが…。怖いんですよね。制御出来ていない怖さ。だからエンジン切って二輪二足でペタペタってしても止まらない!

ずーっと神様とクマもんさんが後ろを持ってくださいます。介護。完全看護?申し訳ありません…。

f:id:kirintokaeru:20170323165512j:plain

この坂。写真では伝わらないですね…。

で、ついた先は鉄塔です。

この鉄塔で神様がエクストリームヒルクライム?(こんな言葉あるのか?)に挑戦!

 

3回チャレンジで、1.5回成功。

もうね、めちゃめちゃカッコいい!神様ってバイクに乗っていると本当に神様みたい!

いつも、『乗ってない時はどうやねん?』って言われるのですが…乗っている時はめちゃめちゃカッコいいです!!

 

でね、鉄塔からちょっと上って尾根道を進みます。

が、尾根道って木が生えてたりするんですよね。ハンドルが当たりそう。ハンドルが当たると道から落ちますよね?怖い、怖い。亀もびっくりの走り。皆さんによる完全看護…。申し訳ないです。

 

で、尾根道が終わるとL字の上りなんですよ。尾根道から左折したら直ぐに上り、更に直角に右折上り、石段付き。

うーん。酷い。

取り敢えずツーリストの邪魔をしないように、右折近くまで到着。

リアタイヤを振って頂き、ロープも掛けて頂き、石段を越えるまで介護して頂きます。後はツーリスト頑張れ!

 

続いては木の根、ここからはブンブンブンブン。

リーダーとアニキがブンブンブンブンって、リズムを取ってくださいます。そのリズムに合わせて、ブンブンブンブン!

でね、木の根は越えたけど、ブンブン。前輪が上がり過ぎ??

え、え、え?

あっと言う間にセロ君棹立ち!取り敢えず、セロ君は右側に倒して、kirinは後ろに転倒。

なんだ?

リーダーが駆けつけてくださいます。

どーしたんだ?

f:id:kirintokaeru:20170323173827p:plain

これって、初捲れ?

いや〜、びっくりしたけど、ちょっと楽しい!ナンバープレートの下側が折り曲がりました。勲章かな?(とか言ってる時点でヤバい)

 

でね、上りが終わると下る訳です。

Bコース、下る道が全てグロい!

木の根が階段みたいだし、グロい!

もう、神様とクマもんさんの付きっきりの完全看護で…

f:id:kirintokaeru:20170323174217j:plain

この素敵な景色に向けて超激坂!!

絶対無理!

神様が後ろに乗ってくださり、クマもんさんが横に付いてくださいます。完全看護の下り。

もうね、申し訳ないし、情けない。でも一人じゃ絶対に無理だし。

 

上手くなりたいです。(切実)

 

この後も、ずーっと激坂。ずーっと完全看護。最後の坂は神様に代走して頂きました。

 

今回、D谷では色々な事を理解しました。アクセルの開け方。リアブレーキを使うこと。坂道の下り方。

やり方は理解したのですが、身体が思うようには動きません。頭では分かっているのに…身体が動きません。

上手くなるには、どーしたらいいのかな?というか、上手くなんてなるのかな?本当にオフロードは奥が深いです。

 

 

最後になりますが…

今回ご一緒してくださった皆さん。

D谷(実力的には無理な場所)なのに、無理矢理付いていって、無謀にも程がありますよね?誠に申し訳ありませんでした。

でも憧れの鉄塔が見られたのは、皆さんのおかげです。本当にありがとうございました!物凄く嬉しかったです。涙出たくらい…

f:id:kirintokaeru:20170323175949j:plain

いつの日か、『鉄塔?楽勝やん』とか言えるように、頑張って練習します。そのくらい上手くなったら、また一緒に遊んでください。

本当にいっぱいいっぱいありがとうございました!