読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kirin、オフローダーを目指す!

SEROW250に相応しい乗り手になりたい人の日記

ビードストッパーを付ける!

さて、和知の林道リベンジも終了して、心地よい疲労感が続いている今日この頃。

セロ君はまたまた入院しておりました…。

 

というのも、和知の林道ツーリング中、コンビニで休憩している時に、クマもんさんがセロ君の異常を発見してくださったのです。

 

異常があったのは前輪。

チューブが少しズレておりました。

 

これは空気圧を抜いて走行中、前輪ブレーキをガツンと掛けると、タイヤは路面に食い付いている為、中のチューブだけが回ってしまい起こる症状との事。

kirinの場合、前輪もツーリスト履いているので、グリップ力は半端ないですし、ブレーキの掛け方がヘタクソなので、起こったと思われます。

 

実は最近、空気圧を調整する時にキャップが回し難いなぁ〜と思っていたのであります。

やっぱりセロ君、オカシカッタんだね…。

 

でね、和知の林道ツーリングの翌日、緊急入院。

 

この先も山に行くなら、ビードストッパーを付けたら?というご提案を頂き、ビードストッパーなるものを付けて頂きました。

 f:id:kirintokaeru:20170520084443j:plain

神様一押しのビードストッパー。


ただね、セロ君はもともとビードストッパーを付ける穴がホイールに開いていないのです。穴を開ける作業からして頂きました。

f:id:kirintokaeru:20170520062054j:plain

綺麗な穴だけど…セロ君、痛そう⁇

 

ビードストッパーを嵌めます。

f:id:kirintokaeru:20170520062314j:plain

ぴったり!(当たり前⁇)

 

f:id:kirintokaeru:20170520062403j:plain

完成!

 

って、もちろん全て神様がしてくださいました。

 

セロ君にビードストッパーを付けるのは、ちょっとオーバースペックなのかも知れません。

でもね、ブレーキを上手く掛けられないので致し方無しです。

でね、この作業中に更なる異常が発覚しました。

 

セロ君の前輪、軽くリム打ちしてる!!!

 

って、実はこれは自覚があるのです。

和知の林道ツーリング中、紅葉峠、つまり日置林道を走っていた時。

ここは初心者御用達のフラット林道。しかも整地されていたので超フラット。

今回は4速、50キロ台から60キロで、つまりは過去最速で走ったのですが…出口付近に物凄〜く激しいコンクリートの段差があったのです。

一応、気持ちフロントを引っ張りながら前輪の荷重は抜いたつもりだったのですが…出来てなかったんでしょうね…ゴン!!って凄い音がしました。

なので、その後のスプリング日吉で休憩中に神様に診て頂いていたのです。ま、問題無いとの事だったのですが…やっぱり打ってたんだ!

 

セロ君、ごめんね。

 

あの段差はやっぱり確実にフロントアップをしないとダメだったんだよね?

つまり、走りながら華麗にフロントアップが出来ないなら、あんな速度で突っ込んではいけなかったんだ…(反省)

 

で、起きてしまった事は仕方ないので、対応策を考えました。

フロントの空気圧を抜き過ぎないようにしよう!(簡単)

 

今回、和知の林道ツーリングの時、空気圧は0.7と0.8でした。

どの道も完全フラットだったので、もう少し高くても大丈夫だったのではないかと思います。

 

愚者は経験に学ぶ…

 

ひとつずつ経験を積んで……る間にセロ君がボロボロになりそうです。

セロ君、本当にごめんね。めっちゃ大事にはしてるんだよ!

 

以上、セロ君が緊急入院したお話でした。

ここのところ、走りに行く度に入院しているような気がします。

 

 

 

和知の林道へ リベンジ編

GWも終わりましたね……何かね、まとまった休みがあると、近くの普通でも混み混みの国道がめっちゃ酷い事になるんですよ。

車、多過ぎる!という感じで、GW中は引きこもり。近くの山にオオルリを観に、てくてくトコトコ山登り。

f:id:kirintokaeru:20170513173223j:plain

真ん中のちっちゃな鳥がオオルリです。

でね、iPhoneだとこれ以上は寄れないので、翌日は一眼レフを持って出掛けました。しかし!バッテリーが入ってなかった…(何か軽かったんだ)

で、悔しいからその次の日は準備万端で出掛けたのですが、今度はオオルリが居なかった…。

GW中、都合3日連続の山登り…足腰の筋力強化にはなった筈です(たぶん)

 

で、セロ君は道中のアシとしてだけ使用。ブログのネタが無い。

 

どーしよう?と困っていたら、林道部のLineで爽やかフラット林道のご案内。行きた〜い!という経緯を経て、本日、和知です。

 

和知ですよ、和知!

この間、全く素通りになってしまった和知。今回は(今回も?)クマもんさんの案内です。ちゃんと入り口とか入り口とか入り口とかを覚えるぞ!!

 

だだね、一つ心配な事がありまして…というのも、林道部の方が走るとフラット林道って、爽やかにはならないらしいのです。何故かって、皆さん劇速で劇飛ばされるらしいので。

 

大丈夫なのかな?

最近、このパターンばっかりです。

林道部に入れて頂いてから、皆さん超お上手、劇速だし、いつもいつも大丈夫かな?とか、行ってもいいのかな?とか思いながらの参加です。

いつになったら劇飛ばし!とか出来るようになるんだろう?

てか、そもそもスピードには興味無いのですが…。

 

 

ま、朝7時半集合!

本日はkirin込みの6人。う〜ん、kirin以外は勿論超お上手、劇速な方ばかり…これオンロードから申し訳ないパターンかも?

あの〜、ゆっくりしか走れませんが、宜しくお願いします!

 

で、スタート。

皆さん、爽やかそうにオンロードを走っていらっしゃいます。

kirinはというと……必死です。

死なないように?でもなるべく速くカーブを曲がる。

で、頑張って頑張って、付いて行く!

 

でね、萩谷の林道へ、こっからが本番です。2本の林道を走り、亀岡へ抜けます。

続いて3本目は紅葉峠を爽やかに!完全フラット。

ただね、速度が結構…。

 

からの丹波基幹道。で4本目、向山奥山線、5本目、升谷線。

f:id:kirintokaeru:20170517124115j:plain

フラット、フラット!

だけれども、速度がね…。

 

でね、前回、勘違いと間違いで走っていない6本目、仏主林道。そうですよね?こっちから進入ですよね?で、ゲートを越えて、フラットだ〜!

f:id:kirintokaeru:20170517124515j:plain

なのに…爽やかにはならない?

めっちゃ速いんですけど…。

f:id:kirintokaeru:20170517124016j:plain

有名な?石碑。

さて仏主林道…。前回の経緯があるので、期待していたのですが…普通の林道ですね!

特筆すべき所が何にも無い。強いて言うなら長いです。

あ、因みに『仏主』は『ほどす』と読みます。いい地名ですね…何だかありがたい感じ。

 

さて、続きまして7本目、田の向林道、八本目、火の口林道。

からの9本目、三峠林道。

f:id:kirintokaeru:20170517202800j:plain

f:id:kirintokaeru:20170517202718j:plain

うん、この林道、景色がいいです!

 

更に更に、10本目、原山林道。

ここは高速ダートです。

写真は撮れませんでしたが、速い方は100キロ位で走るそうです。

kirinは安全運転の65キロくらい。

今日は凄い砂埃でした!全身真っ白!

 

で、11本目、万寿峠。お久しぶりの万寿峠は浮石が多くなっていました。

 

最後、12本目はぴょんぴょん林道。 

整備されていましたが、こちらは草が生い茂り道幅が狭く感じました。

 

以上、合計12本!全てフラット林道でしたが、流石に12本も走るとお腹いっぱい!

大満足の一日でした。

因みに仏主林道で一回、転倒してしまいました。フラット林道、侮るなかれ!

 

朝7時半から夕方18時半まで、11時間も遊んで頂きました。もうヘトヘトです。

で、ツーリストはフラット林道でも最強でした。凄いよツーリスト君は…。

 

ではでは、今日はもう寝ます。

おやすみなさい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和知の林道へ

GW初日!

といっても子どもの頃からGWはお家でまったりが基本。劇混みの中、遊びに行く気がしないと思っていたのですが…。

 

セロ君も復活しているし、やっぱりお出掛けしておきますか?ってな感じで林道へ。

でね、今回は正真正銘フラット林道を爽やかに走る!(クラッチの心配とかせずにね…)

 

行き先は和知。とある方がブログで絶賛されていたし、フラットだし気持ち良さそうだったので…ちょっとマネっこ。

 

朝、5時出発!早いぞ。

今回はお昼ごはん屋さんとか混んでいて食べられないと困るので、ガス、バーナー、水、カップヌードル、おにぎり、ドリップ珈琲、お菓子…等、フル装備で出発!

リュックが重過ぎるような気がしなくもないですが…。

ま、フラット林道だし大丈夫、大丈夫。

 

スタート!

寒いです…。山の中とかの気温計は5度!!マジか?冬じゃないか!

寒いよ〜、寒いよ〜。と言いながら道の駅和に到着。ここまで100キロ。2時間弱。

和知はいい所ですが…如何せん遠いんですよね…。

 

でね、ここからブロガーさんが大絶賛されていた君尾林道へ。の前に市志林道へ。

f:id:kirintokaeru:20170429173440j:plain

ここ、入り口までの集落の道にチューリップやスノードロップとか沢山植えられていて、とっても綺麗。

林道の入り口も期待させる感じだし。

 

いざ!

と走り始めて1キロくらいで…

f:id:kirintokaeru:20170429173912j:plain

通行止めでした…。

期待感が高かったので、ちょっとショック。

 

気を取り直して、君尾林道へ。

f:id:kirintokaeru:20170429174113j:plain

有名な石碑とセロ君。

 

君尾林道。路面は踏み固められていて走り易いし、フラットだし、新緑は綺麗だし、所々眺めはいいし。お上手な方なら爆走出来そう。

ま、kirinは安全運転、40キロ以下を守ります。

 

ゆっくり走っても、うん、うん。大絶賛の訳ですね〜。

 

 

で、あっという間に

f:id:kirintokaeru:20170429174819j:plain

出口。

ここはピストンした方がいいらしいので南へ。元来た道を戻ります。

時々、山菜採りの方と遭遇します。

 

春爛漫!

f:id:kirintokaeru:20170429175057j:plain

あれ?眺めのいい所で朝昼兼用ごはんを食べて、写真を撮ったハズなんですが…。食欲に負けたのかな?無いんですよね、写真。

 

さて、お腹もいっぱい。

f:id:kirintokaeru:20170429180108j:plain

こんな綺麗な道を走ります。

 

でね、道の駅和に戻る前に三峠林道へ行くハズだったのですが、あれ?入り口通り過ぎちゃった?

 

で、道の駅和。

この時点で12時。

実は本日、昼から一時雷雨の予報。でね、給油して、どーしようかな?

 ま、kirinは晴れ女だし!という事で続行。


でね、仏主林道へ。

えっと山の家から入って…

2キロくらいで、工事で通行止め。府道51に戻って、入り口で写真撮影。

f:id:kirintokaeru:20170429181200j:plain

あれ?仏主じゃない?

って分かった瞬間、ドピャーんって雨と雷が…。

何だ?

空は真っ暗。雨、半端じゃないぞ。誰だよ、晴れ女は?って言っても仕方ない。

あっちの空は明るいのに…取り敢えず、目指せ明るい空!

こっからは雨雲と追っ掛けっこ。抜きつ抜かれつ…。

 

こんな時にオフロードやっていて良かったと思う訳です。時々、後輪が滑ってるような気がしなくもない訳でして…。

 

さて、やっと家に帰って来ました。

 

 

本日の反省。

過信は禁物!昼から雷雨の予報は晴れ女的な対応では無理。

更にはもう少し事前にちゃんと調べておかないとね。入り口とか入り口とか入り口とかを!

 

和知の林道。フラットだし綺麗だし、新緑は綺麗だし。

うん、またリベンジに行きますかね。

 

以上、和知の林道を走らずに帰って来たお話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セロ君復活!

京都のY城でクラッチが逝っちゃったセロ君…これは水曜日の話。

 

で、金曜日にはセロ君復活!!

神様、仕事早過ぎです。他のお仕事、大丈夫だったのかな?

 

でね、日曜日にはkirinの元に帰って来ました。

f:id:kirintokaeru:20170423161227j:plain

で、まあ山登りの足として復活したセロ君に乗ってみたのですが…

 

ん???

セロ君、ちょっとよそよそしい?

というか、硬いのです。クラッチもアクセルもエンジン音も、何だか新車っぽいけど、エンジン音は大きくなった感。

セロ君、若者からおじさんぽくなった?

 

でね、クラッチはレバーが硬いけど、近い!これは遊びを多くして頂いたから…必然的に近くなりました。

更にはスプリングを強化して頂きました。

で、ですね、このスプリング、他の人のブログとかではWR用にすると強くなるとか書いてあったので、神様に訊いてみました。

この強化スプリングはWR用?って。

そうしたらね、違うよって。

WR用のスプリングだと重くなり過ぎるとの事。だけど強化スプリングにはしたよ。っと。

なんでもセローの純正品とWR用の間のスプリングがあるそうです。

 

こういう時、神様はやっぱり神様だなぁ〜と思うのです。つまり、乗る人の技量や、筋肉量、癖とか体格とかを考えて提案してくださいます。

うん、やっぱり神様にお任せしておけば、安心!

 

神様はバイクに乗っている時も、整備してくださる時も神様なのです!

 

 

で、話戻って復活したセロ君。

硬いよ〜。しかもチェンジを変える度にゴンゴンって。

あれ?こんなだったっけ?

というか、kirin、チェンジの変え方が分からなくなってきた!

もう、クラッチが逝っちゃうのは御免とか思って乗ると、どーしたらいいのかが分からない!

 

あの〜、今更なんですが、どーしたら上手くチェンジが変えられるのですか?

教習所からやり直しかな???

 

結構、頭が真っ白なkirinでした。

 

 

 

 

京都Y城 午後の部

お昼ごはんも終わり。

午後の部は前回下った万燈呂展望台からの下りルートの逆。つまり上りから始まりました。

この上り、斜度もある程度あるのですが…それよりも所々に木の根の段差があるのです。30センチ以上の段差がね。

この段差が上手く上れない…。ツーリストのおかげで、前輪は何とか上るのですが、後輪が空転してしまいます。

木の根、難しいです…。木の根の度に皆さんに助けて頂きます。

神様からはもうちょっと、後1キロ分アクセルを開けるようにと、ご指導頂きます。これがね、なかなか開けられないんですよね…。

 

でも、ま、何だかんだで、後数メートルで展望台って時に、アクセルがグオーんって唸りました。

その後、スルスルと後退。

ん???

何だ?ここの斜度、大したことはないはずなのに?

ツーリスト君なら余裕のハズ。

セロ君、どーしたの???

 

どうもギアが入っていない…。

これって…まさか!

 

そう、クラッチ板が逝っちゃいました!まだ10600キロしか走っていなかったのに…kirinの下手くそ!

 

でね、取り敢えず続行不能なので、下ります。

元来た坂を下ります。何だか勿体ないですが、下ります。

 

あ〜ぁ、せっかく上ったのに…。

今日は…ばっかりです。

前回も下った坂、うん、2回目はかなりスルスルと下れました。せめてもの救い…。

 

さて、山は下りました。取り敢えずバイク屋さんまで向かいます。平らな道で騙し騙しギアを上げていきます。4速くらいまでは入りそうです。

 

因みにY城からバイク屋さんまでの道、上り坂が三箇所あるのです。

クラッチ板が逝っちゃったセロ君で帰られるのかな???

 

神様がサポートするから、一緒に帰ろうって。

山の中からオンロードまで、神様、本当に保護者みたい…。

いつもすみません…本当にありがとうございます!

 

で、帰り始めます。

でもね、だんだん滑り方が酷くなっていきます。発進の時とか亀さん並…。

更には坂道が唸る唸る!の割にはスピードが上がりません…。

 

神様が左手でkirinの背中を押してくださいます。ハンドガードぎりぎりで、アクセルを開けながら上り坂。

もうね、神業です。

しかも最後の上り坂は国道1号線!交通量も半端ないです。

その坂道をグオーんって!

 

こんなこと書くと怒られるかも知れないのですが…初体験、ちょっと楽しかったです。(無知って怖い?)

 

で、神様による神業のおかげ様で、何とかバイク屋さんへ。

f:id:kirintokaeru:20170420043835j:plain

到着!

セロ君は直るまでこのまま、お泊り。

 

 

今回の反省。

実は今日、朝からセロ君は少しおかしかったのです。

国道1号線で、65キロ以上、速度が上がらなかったのです。5速が唸るので、4速で走っていました。

 

ただ、知識が無いkirinは唸る=エンジンブレーキが効いてる?とか思っていました。(バカです)

今、考えるとたぶん朝から5速は滑っていたのだと思われます。なのに、そのまま山の中へ。無知って怖いです。

 

 

セローはクラッチが滑り易いとは聞いた事があります。

でもね、乗り方にもよるらしいので、kirinの場合は不必要な半クラが原因と考えられます。クラッチに指を掛けている間中、半クラだったのかも…。

というのも、セロ君のクラッチはかなり遠い目なのです。kirinの希望でツーリング仕様のまま…。

 

kirintokaeru.hatenablog.com

 ね?わざわざ遠くして貰っていますよ…(やっぱりバカ)

 

乗り方!これって上手くなるとか以前の問題ですよね?

 

セロ君が直ったら、ゼロからやり直しだなぁ〜。

あ〜ぁ、上手くなるのはいつになるんだか???

 

 以上、根本的な基礎練からやり直さないといけない事が判明した山遊びになりました…。

とほほ…

 

 

 

 

 

 

 

京都Y城 午前の部

お久しぶりでございます。

前回、京都のY城に行ってから、早3週間!

その間、どーしていたかといいますと…お花見(桜)とか、お花見(三つ葉つつじ、こぶし)とか、お花見(カタクリ)とか⁇

 

更にはD谷で落ちた時に出来た左太腿のコブが痛くって…

何故だ?2週間目くらいから、めっちゃ痛い!今更、病院に行くのも憚られるし…ということで、じーっとしておりました。

 

その間に世の中は春爛漫!

 

でね、今日も京都のY城。

8時30分に集合です。遅刻しないように…なんですが307号線、劇混み。あまり気乗りしないですが、朝からスリ抜け…で、集合場所に到着。

本日もよろしくお願いします!

 

で、何処に行くのか?

前回のY城では下りの練習をさせて頂きました。今回は???

というのも、一昨日、ほぼ一日中雨だったんですよね〜絶対、ツルツルのにゅるにゅる…下りの練習したらヤバそうです。 

爽やかに走れそうな所を希望します!とお伝えしておきました。

空気圧は0.4と0.6で、ツーリスト的には何処でも行ける感じで臨みます。

 

で、スタート。

初めは外周のフラット林道からです。慎重に、調子にのらず、でも3速で…皆さん、めっちゃ速いんですよ。2度程、ヤバかったですが…。

 

で、ちょとした広場で、階段を下ったり、川を渡ったり、沼にハマったり…?

f:id:kirintokaeru:20170419171937j:plain

完全にハマりました!タイヤが何か臭いです…。

皆さんに助けて頂きました…。

その後、川で洗いました。何やってるんだか…。

 

さて、さて、今日も下り坂です。

今日はお化け坂の下り!木の根と石がてんこ盛り…。

神様がサポートしてくださいます。

1回転倒で、何とかクリア?かな?

 

こんな感じで午前の部は終了です。

今日も玉水駅前のご飯屋さんで、エビフライ定食を頂きました。

お腹いっぱいになりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カタクリを見に

今日もバイクとは何の関係もない…f:id:kirintokaeru:20170417051558j:plain

保存会の方が大切にしているカタクリ

今年も満開でした。f:id:kirintokaeru:20170417051725j:plain

万華鏡のような模様が愛らしい…。f:id:kirintokaeru:20170417051852j:plain

最近、iPhoneのカメラが凄過ぎで、一眼レフを持ち歩く気がしない…。

f:id:kirintokaeru:20170417052129j:plain

 

花曇りのお花見

f:id:kirintokaeru:20170406152226j:plain

えーっと、今日はバイクは関係なく、ただ桜の写真だけです。

今年のお花見に行けない彼の方に…。

 

f:id:kirintokaeru:20170406152629j:plain

実家の桜、本日、九分咲きでした。

  

 

京都のY城へ…

D谷を経験して反省しきりのkirin。

取り敢えずDVDを観賞してイメトレは完璧?

で、ですね、坂道で試してみたい…でもね、ひとりで行くのは禁止。

性懲りも無く、林道部の方にお付き合い頂きました。

上手くなったらご一緒して頂きたいって思っていたのですが…練習しないと上手くならないし…呆れられていないかな?かなり不安ですが…。

 

集合場所に到着。皆さんに坂道の練習をしたいので宜しくお願いします。とお伝えします。

 

今日も完全看護なら、プチゲロは諦めてフラット林道を爽やかに楽しむ人になろう。と自分の中で決め事をして臨みました。背水の陣なので、空気圧は0.4と0.6で、ツーリスト頼みの作戦です。

 

 

序盤から結構激しいです。山の中へ山の中へ。時折、リーダーが後ろに付いてくださいます。介護?

で、ずんずん進んでいくと…鉄塔か何かの管理の道にでました。

あの〜階段なんですけど…???

 

下り道、三本あります。

階段、階段横の轍、木の根だらけの自然道。

 

さて、難易度が低いのは…どうも階段横の轍が一番みたい。

f:id:kirintokaeru:20170329165439j:plain

この下り。斜度はかなりあります。

ニュートラルに入れて、リアブレーキとフロントブレーキを割合、3対7くらいで掛けます。

DVDの先生の教え通り。だけど…ズルズル、ズルズル。神様とリーダーが後ろを持ってくださいます。

あ‥介護?あ‥あ‥

神様からここはちょっと無理とのこと。ギリギリセーフ??

 

で、上りがあったりして、またまた下り。

この下りは凄いです!降りてセロ君を押しながら下ります。でもね、つづら折れの道なんですよ。ヘアピンカーブで二回転倒、仙人さんとリーダーが助けてくださいます。

介護???アウトなのか?

皆さんがここは酷いから、降りないとね!との事。

 

で、セロ君に跨り、フロントブレーキとリアブレーキを掛けて…リアが滑らない程度にじわ〜っと。

更にお尻を後ろへ!後ろへ!

 

下り、ちょっとだけ慣れてきたかも。神様が先導してくださいます。神様のルートは走り易いのです。

 

一本目が終了!

 

で、二本目へ。

展望台から下ります。

f:id:kirintokaeru:20170329193943j:plain

木津川が綺麗に見える展望台です。

 

でね、柵もあるし…道は見当たらないような…。

???

で、山の中を下ります。

今日は本当に下り、下り、下り。

これでもか!の下り。

 

下りの練習したいと言ったのはkirinですが…下りはやっぱり難しいのです。

 因みに下り、神様が先導してくださって、クマもんさんが後ろから指示を出してくださいます。更には先に下りたリーダーが危険箇所のヘルプに当たってくださっています。

これって、介護?看護?やっぱりダメかな?

でも、でも皆さん、気にしなくていいよって仰る訳です。

大丈夫なのかな?この前のD谷よりはマシですが…。

 

クマもんさんから下りが上手くなれば、一人前とお聞きしました。

うん、上りはツーリストが走ってくれます。下りは技術ですね…納得。

 

で、お昼ごはんへ。本日は田中家さんへ、おうどんを食べました。

 

食後は終了。

背水の陣で臨んだ本日。

下り、下りの連続。勿論、皆さんにお世話にはなりましたが、完全看護と呼ぶ程ではなかったような…セーフ??(自分にはアマイkirin?)

下り、ちょっとだけ慣れました。

まだまだ技術は身に付いてはいませんが、練習していきたいと思いました。

プチゲロアタックを目指して!

 

あ、本日、正式に林道部に入れて頂きました。やった!!


 

 

 

 

 

 

D谷を経験して…反省

f:id:kirintokaeru:20170324205533j:plain

憧れだった鉄塔も拝めて、興奮してから数日経過。興奮が冷めたので冷静に分析をしてみました。

 

酷かった…。

 

Aコースの方はまだ少しだけマシだったけど、Bコースはもう散々な有様でした。下りが最悪!

 

kirin、基本的には下りの方が好きなんです。アクセルをイケイケで回せない体質なので。下りってアクセル回さなくてもいいじゃないですか?だから好きだと思っていました。

でもね、それは斜度がファミリーゲレンデ並みの場合に限られるみたい。

 

クマもんさんと神様から下りの基本はいっぱい教えて頂きました。でも、身体がついてこない。

斜度がかなりになると、怖いって感じてスタンディングが出来なくなるんですよ。で、スタンディングしないと、下りってバランスをとるのが難しいじゃないですか。結果グラグラです。

更に、激坂ではエンジン切ってクラッチちょこちょこと下らないと前転するからって言われるけど、そのクラッチちょこちょこの下り方が出来ない。というか、後輪を完全にロックさせて下る?怖いですよ。

無理無理無理!

  

でも、このままだと林道部の人と一緒には、二度と遊びに行けない!

あれだけ完全看護が必要なんて、もう最悪…最低…ハタ迷惑過ぎ!

 

下りの練習しなくちゃ!!

 

ということで、DVDを買ってみました。

f:id:kirintokaeru:20170326101119p:plain

これ、タイトルがドンピシャなんですよ。『下りを極める』今のkirinには必須です。

で、何度も何度もDVDを観ています。

にしても、この先生、凄い!

 

神様からはトライアルの基本が出来たら山の中なんか楽勝やで。って言われているのですが…

この先生の動き観てたら納得です。

 

 

kirinにとってオフロードを走るのはただの趣味。だけど、もう少し上手くなったら…きっともっと楽しいんだろうなぁ〜と。

自分は自分自身が思っているより、かなり欲深い人間なのかも知れません。

オフロードを始めてちょうど一年と二ヶ月。(空白の五ヶ月は除く)

上手くなりたい!って本気で感じています。

坂道を探さなくては!

 

有言実行的な効果を期待しての決意表明でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

D谷線 Bコース(これはプチゲロじゃなくて、もうゲロアタックじゃないの?)編

お昼ごはんの後。

D谷のBコースです。

こちらは沢を渡って行きます。神様とHさんがちょっと土木工事をしてくださいました。

でね、沢を渡ったらすぐ上り。気を引き締めてゆっくり進入から、上れツーリスト!って感じ。

いや〜、ツーリストは凄いです。もう上りはツーリストにお任せすればいいみたい。取り敢えず、kirinがツーリストの邪魔さえしなければトコトコ。何度か転倒(ツーリストの邪魔をした場合)もありましたが、トコトコ。

 

で、やっぱりこちらでも下りが…。怖いんですよね。制御出来ていない怖さ。だからエンジン切って二輪二足でペタペタってしても止まらない!

ずーっと神様とクマもんさんが後ろを持ってくださいます。介護。完全看護?申し訳ありません…。

f:id:kirintokaeru:20170323165512j:plain

この坂。写真では伝わらないですね…。

で、ついた先は鉄塔です。

この鉄塔で神様がエクストリームヒルクライム?(こんな言葉あるのか?)に挑戦!

 

3回チャレンジで、1.5回成功。

もうね、めちゃめちゃカッコいい!神様ってバイクに乗っていると本当に神様みたい!

いつも、『乗ってない時はどうやねん?』って言われるのですが…乗っている時はめちゃめちゃカッコいいです!!

 

でね、鉄塔からちょっと上って尾根道を進みます。

が、尾根道って木が生えてたりするんですよね。ハンドルが当たりそう。ハンドルが当たると道から落ちますよね?怖い、怖い。亀もびっくりの走り。皆さんによる完全看護…。申し訳ないです。

 

で、尾根道が終わるとL字の上りなんですよ。尾根道から左折したら直ぐに上り、更に直角に右折上り、石段付き。

うーん。酷い。

取り敢えずツーリストの邪魔をしないように、右折近くまで到着。

リアタイヤを振って頂き、ロープも掛けて頂き、石段を越えるまで介護して頂きます。後はツーリスト頑張れ!

 

続いては木の根、ここからはブンブンブンブン。

リーダーとアニキがブンブンブンブンって、リズムを取ってくださいます。そのリズムに合わせて、ブンブンブンブン!

でね、木の根は越えたけど、ブンブン。前輪が上がり過ぎ??

え、え、え?

あっと言う間にセロ君棹立ち!取り敢えず、セロ君は右側に倒して、kirinは後ろに転倒。

なんだ?

リーダーが駆けつけてくださいます。

どーしたんだ?

f:id:kirintokaeru:20170323173827p:plain

これって、初捲れ?

いや〜、びっくりしたけど、ちょっと楽しい!ナンバープレートの下側が折り曲がりました。勲章かな?(とか言ってる時点でヤバい)

 

でね、上りが終わると下る訳です。

Bコース、下る道が全てグロい!

木の根が階段みたいだし、グロい!

もう、神様とクマもんさんの付きっきりの完全看護で…

f:id:kirintokaeru:20170323174217j:plain

この素敵な景色に向けて超激坂!!

絶対無理!

神様が後ろに乗ってくださり、クマもんさんが横に付いてくださいます。完全看護の下り。

もうね、申し訳ないし、情けない。でも一人じゃ絶対に無理だし。

 

上手くなりたいです。(切実)

 

この後も、ずーっと激坂。ずーっと完全看護。最後の坂は神様に代走して頂きました。

 

今回、D谷では色々な事を理解しました。アクセルの開け方。リアブレーキを使うこと。坂道の下り方。

やり方は理解したのですが、身体が思うようには動きません。頭では分かっているのに…身体が動きません。

上手くなるには、どーしたらいいのかな?というか、上手くなんてなるのかな?本当にオフロードは奥が深いです。

 

 

最後になりますが…

今回ご一緒してくださった皆さん。

D谷(実力的には無理な場所)なのに、無理矢理付いていって、無謀にも程がありますよね?誠に申し訳ありませんでした。

でも憧れの鉄塔が見られたのは、皆さんのおかげです。本当にありがとうございました!物凄く嬉しかったです。涙出たくらい…

f:id:kirintokaeru:20170323175949j:plain

いつの日か、『鉄塔?楽勝やん』とか言えるように、頑張って練習します。そのくらい上手くなったら、また一緒に遊んでください。

本当にいっぱいいっぱいありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

D谷線(kirinが考えるプチゲロ最高峰) 下山編

さて、鉄塔には無事到着しました。

f:id:kirintokaeru:20170323092303j:plain

で、汗だくだった汗が冷えてきて…やっぱり肌寒い。集合写真を撮ったら、後は下ります。

 

先ずは鉄塔の奥、一周くるっと周回出来るコースを回って。ただね、このコース、下りが結構な斜度なんですよ。ざーっと後輪が滑って勢い良く転倒。下り、難しいです。

 

で、一周したので本番の下山。

スタンディングで華麗に走れれば、速いのでしょうが…上手くいきません。

kirinの場合、スタンディングで下れる斜度がファミリーゲレンデ並み。初心者コースしか無理みたい。

結局、足をペタペタと付きながらになってしまいます。こうなると遅い。でも、怖いし。やっぱりペタペタ。本当に難しいです。

 

で、ちょっとしたアクシデントで、あの崖のような高さから、滑り台を滑り落ちるみたいに落ちました。

f:id:kirintokaeru:20170323092405j:plain

あ、この崖です。因みにセロ君は落ちなかったけど。(良かった)

この時、左側太腿を打ったのですが…コブみたいになってる。太腿にコブ?初体験です。今も痛いです。

 

さてさて、何とか下って来ました。

 

ただ、皆さんはかなり前から待ってくださっています。申し訳ないです。

下り、練習しなきゃなぁ〜と心に誓いました。

因みに林道部の中ではこの鉄塔までのコースがAコースだそうです。

お昼の後はBコースだよっと教えて頂きました。

あれ?もう充分ですが…とか思いながらもファミマでお昼ごはん。コンビニおにぎりなのに美味しかったです。

 

続きはBコース。

 

 

 

 

 

D谷線 (kirinが考えるプチゲロ最高峰) 登頂編

春にしてはちょっと肌寒いですが晴れ。昨日、降り続いた雨の影響がかなり不安な本日。行って来ました。京都府滋賀県の境、D谷線へ。

 

ここは大好きなmotoblogerさんが、去年の5月と12月に行かれた場所。通称あそこ!です。

 

でね、林道部の方が行かれるという噂を耳にしまして…神様にお伺いを立ててみました。行ってもいいですかね?って。

回答はね、鉄塔、行きたいんやろ?でした。

そう、最終目的地は鉄塔です。鉄塔まではどんな所なのか見てみたかったのです。

この時は無謀?とか微塵も考えていなかった…阿呆です。

 

 

いざ、集合場所へ。

今回は林道部の猛者中の猛者ばかり。然もD谷線の為にタイヤを新品にされた方までいらっしゃいます。

あれ?D谷線って、そんなに酷い場所なの?

素人は勿論kirinだけ。好奇心には逆らわないように生きているのですが…大丈夫かな?今更、かなり不安です。(遅い)

 

で、スタート!

空気圧は0.4と0.6。安全第一で臨みます。

 

が…

 

ヤバイかも…。好奇心には逆らった方が良かったんたんじゃないかな?入り口から凄いんです。大丈夫なのかな?

動画で見てたのよりグロい!酷い!これって道?何処をどう走るんだ?

???

頭の中、クエスチョンマークだらけですよ。確か右側の方から左側へ進入…なんですが斜度が酷いです。壁に見えるよ。

どー考えても無理っぽいけど、行きたいって言ったのは自分だし。入り口で負け犬になる訳にはいかない!(入り口以外ならいいのか?というツッコミは敢えてスルーで…)

 

オフローダーの方って気合いと根性という言葉を使われる方が多いんですが…kirinは根性無しのヘナチョコ。でもね今回は気合いは入れた方がいいみたい。根性も探す?

 

そんな感じでスタート地点に立ったのですが…

手が震えてる?武者震い?じゃないよね。単に恐怖心?

リーダーがさり気なく入り口を説明してくださいます。更に慰めて頂きました。

 

でね、kirinよ、お前が来たかったのではないのかね?しっかりしろ!

で。覚悟を決めて、いざいざ!

右側から左側へ進入。。。

 

エンストしましたが、ギリギリok?クマもんさんが前を引っ張ってくださいました。で、神様が後ろを押してくださって…こんな道を走ります。

f:id:kirintokaeru:20170322213521j:plain

これ、写真だと分かり辛いですが、落ちたら、ヤバそうな高さです。単純に怖い…。

 

 

でもね、このD谷でもツーリストは凄いです。

今日は昨日の雨の影響でつるつるのにゅるにゅるなんですよ。だけれど、後輪がガシガシ噛んでくれるんです。ガシガシ、ガシガシ。キャタピラーみたいです。

 

何とか多大なご迷惑をお掛けする事無くスイカ坂の手前までやって来ました。

因みにスイカ坂とはスイカ大の石がゴロゴロしている坂の事です。

f:id:kirintokaeru:20170322215351j:plain

ね、ゴロゴロ。

然も、この先90度に曲がっているのです。…

 

f:id:kirintokaeru:20170322215510j:plain

曲がった先。これ、結構な斜度なんですよ。

 

で、kirinはどうもブレーキを掛ける時にクラッチを握ってしまう癖があるようです。坂の途中で上り切れずに止まったりしますよね?その時にこの癖の為にズルズルっと後退してしまうのです。

 

クマもんさんからクラッチは握らないように!と教わりました。更にリアブレーキを踏むように!と。

これが癖になっているので、なかなか難しいのです。

介護?を受けながらスイカ坂を上ります。

皆さん、ありがとうございました!

 

でね、この後、リーダーからアクセルの開け方を教わりました。

後輪にトラクションを掛けながらアクセルを開ける方法。ブンブンブンブン!でね、クラッチも、ちょこちょこ。

 

目から鱗。いつも不思議だったんですよ。kirinのアクセル音はブーン。だけど林道部の方のアクセル音はブンブンブンブン!

後輪にトラクションを掛けながら、アクセルを開けると斜度がキツくなっても上がれるんですよね。なるほど!

だけど、なかなか上手くいかない。物凄く難しいです。

 

ブンブンに気を取られていたら、クラッチが適当になってしまってエンスト。

オフロードって奥が深いです。

 

そんな感じで、鉄塔!

f:id:kirintokaeru:20170322224034j:plain

ちょっといい写真でしょう?

リーダーが撮ってくださいました。ありがとうございました!

 

ここまで登頂編。もう、クタクタなので続きは明日。

おやすみなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猪名川の林道 ツーリストって凄いよ〜

またまたやって来ました。

f:id:kirintokaeru:20170316170035j:plain

いなぼうです。そろそろ名前、要らないですかね?

 

で、先ずは猪名川のEDコースを走ってみよう!ツーリスト(トライアルタイヤ)でEDコース?

ま、気にせずにスタート。

f:id:kirintokaeru:20170316171809j:plain

ダムの横を通って… 

f:id:kirintokaeru:20170316175438j:plain

EDっぽい?

昨日降った雨の為、ねちゃねちゃのぐちゃぐちゃ。ツーリストの溝、埋まっちゃいそう…。

 

で、人生初の沢渡り!斜度が…

f:id:kirintokaeru:20170316175712j:plain

おさるさんに後ろを持って貰いました。怖かったよ…。

f:id:kirintokaeru:20170316175919j:plain

渡り終わって暫し休憩。まだ、ドキドキしてる。

f:id:kirintokaeru:20170316180109j:plain

EDっぽい?

で、ずんずん進んで行くと

f:id:kirintokaeru:20170317071734j:plain

また、沢渡り。

さっきの沢渡りより斜度がマシです。

うん、ツーリストって水の中でも、大丈夫!凄いタイヤだなぁ〜。

で、合計3回の沢渡りから舗装路に出ました。EDコース、まだkirinにはハードでした。

 

 

で、お次は裏山林道へ。

ツーリストで裏山林道を走るとスムースなのか?検証します。

f:id:kirintokaeru:20170316180909j:plain

相変わらずのゴロゴロ石。

f:id:kirintokaeru:20170316181020j:plain

今日は水がいっぱいです。

f:id:kirintokaeru:20170316181118j:plain

で、ですね、やっぱりツーリストは凄かったです。

今回で裏山林道は3回目なんですが、一番スムースに上がれたような気がします。(kirin基準)

kirinはイケイケで走ったり出来ないので、おそろしくゆっくり走っているのですが、そんな亀走りでもツーリストならトコトコ。

 

スピードに乗って走った方が安定するのでしょうが、速いと制御出来ないし、怖いので亀走り。

f:id:kirintokaeru:20170317071647j:plain

今回、この写真の現場だけツーリストが滑りました。でもね、少し下がって勢いをつけたらクリア。

 

で、サイノカミ峠へ。過去最速!(kirin基準)

いや〜、ツーリスト君、君は凄いんだね〜!ただ、もう少し乗り手がイケイケな人だったら、無敵なのかもしれないね〜。ごめんよ、不甲斐ない乗り手で。

 

などと考えながら、もう一回戻って大谷線へ大谷広場までスタンディングの練習をします。2速でトコトコ。

うん、うん、スタンディングでもツーリスト君は安定!

f:id:kirintokaeru:20170316183003j:plain

前回とはまるで違います。安定して広場到着。

暫し休憩の後、元来た道をスタンディングで下ります。ゆっくり亀走りだけど、ずーっとスタンディングで走る。練習、練習。

安定して山を下りました。

 

で、いなぼうに会いに道の駅へ。空気圧を戻して帰宅。

 

ツーリストはやっぱり素敵なタイヤです。

ただ、ツーリスト君と出会ってから、もう少しだけプチゲロに行きたい!とか思ってしまうのは如何なモノなんでしょうか…?

目下の悩みはそれだけです。

 

以上、猪名川の林道で遊んできたレポートでした。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猪名川の林道 野所線大谷線の支線探索 ツーリスト!

f:id:kirintokaeru:20170310200914j:plain

またまたやって来ました、道の駅いながわ。今日もいなぼうは元気そうです。

 

先日、聖地巡礼してツーリストの凄さを理解したkirin。今回は猪名川でツーリストの凄さを感じてみよう!

 

で、裏山林道に行く時に通る野所線へ。

f:id:kirintokaeru:20170311050746j:plain

フラットです。でもね、この先ちょっとだけ浮石が出てくるんですよ。そうしたら、もうロデオ状態。

 

ツーリストってアスファルトだとふかふかで毛足の長い高級絨毯の上を走るみたいに感じるのですが…

これが浮石の上だと、柔らかいゴムが浮石の凸凹を全て拾う感じ。セロ君、暴れ馬みたい…。

因みに本日、空気圧は0.7と0.8です。

 

野所線…ロデオ状態で恐怖しか感じません。ツーリストって…いいのか?

f:id:kirintokaeru:20170311051404j:plain

野所線から大谷線への分岐。更に大谷線を大谷広場まで進みます。

この広場までの道は浮石が一回り大きくなります。超ロデオ状態が続きます。ニーグリップをしていても3回ぐらいシートの上で浮きました…怖いよ〜。

 

ぐったり疲れて広場へ。恐怖心のあまり、広場で空気圧を更に下げました。0.5と0.6に。

f:id:kirintokaeru:20170311051727j:plain

この広場からお上手な方はゲロアタックに向われるそうです。

f:id:kirintokaeru:20170311052041j:plain

こちらがゲロアタック道。み、道かな?

勿論kirinは行きません!というか行けません!だけど、同じ道を戻るのはツマラナイので…

f:id:kirintokaeru:20170311052234j:plain

この先を左へ。探索開始です。

そうしたらね、行き止まりみたいに見える。だけど獣道みたいな所にタイヤ跡が続いていまして、タイヤ跡に導かれて…

f:id:kirintokaeru:20170311052640j:plain

こんな道へ。これ、写真では伝わり難いのですが、道幅はタイヤ2本分くらいしかありません。しかも右側は崖。岩があったり、木の根が出ていたり…道なのか?

おさるさんが進むので付いて行ったのですが…

おい!絶対に道じゃないだろう状態。落ちたら死ねそうです。


でもねタイヤ跡だらけなのです。オフローダーって…?マジ怖いです。右側は崖。

ん?右側の崖?トラウマが…

kirintokaeru.hatenablog.com

 ね、右側の崖はトラウマなんですよ。然も以前に落ちた崖より傾斜が酷いし…絶対に落ちたら死ねそう!

f:id:kirintokaeru:20170311053650j:plain

馬鹿だろ?だけどタイヤ跡が…(しつこい)

Uターンなんて出来ません。前に進むしかない!(イノシシ型)

f:id:kirintokaeru:20170311053852j:plain

途中、景色はなかなかでした。

亀のように進みます。(あれ?イノシシでは?)

50センチ進んで休憩、また50センチ進んで…

 f:id:kirintokaeru:20170315093400j:plain

絶対に道じゃないし…。でもタイヤ跡だらけ…


帰れるのかな?冒険心では無く、恐怖心しかありません!

f:id:kirintokaeru:20170311054229j:plain

やっと、一息つける所へ下りて来ました。

暫し休憩。

いや〜、ツーリストじゃなかったら死んでいたと思います。馬鹿ですよ!本当に。

 

さて、たっぷり休憩もしたし、下りてしまいます。

因みに道はこんな感じ。

f:id:kirintokaeru:20170311055047j:plain

f:id:kirintokaeru:20170311054556j:plain

もう崖じゃないからokです。

山から出て来たら野所線と合流しました。探索終了。

この後、火薬庫の方へ下りて、そのまましいたけ林道へ。

f:id:kirintokaeru:20170311055238j:plain

はい、いつもの広場です。

 

しいたけ林道ではずっとスタンディングで上り下り。カーブがちょっと難しいですがスタンディングで走ります。3速だと無理だけど、2速なら大丈夫。ちょっとは進歩していますかね?

とか言いながら、上り中、3速でスタンディングしていて速度超過。カーブで曲がりきれず、山に激突しそうになったんですが…コケなかったけどね…上手くなりたい(めっちゃ切実)

 


で、この前に発見した道を通って

kirintokaeru.hatenablog.com


無事帰宅。

いや〜、家を見た時は嬉しかったです!オフロード遊びって無事を喜ぶスポーツなんですかね?何か違うような…。

 



 今回、分かった事。


ゴムの柔らかいツーリストは潰して走るタイヤだそうです…ご親切な方が教えてくださいました。

でね、kirinの場合、0.5以下ならタイヤが潰れて、いい感じにグリップします。でも、0.6以上ならロデオ状態。ゴムが柔らかいのが裏目にでてしまいます。

神様からは0.2まで下げても大丈夫だと聞きました。(この辺りは体重とか、バイクの車重とかにもよるので、あくまでもkirinの場合です)

状況に合わせて小まめに上げ下げした方がいいみたいです。


ツーリスト君、これからもよろしくね!見たことのない世界に連れて行ってね。

 

 以上、支線探索でした。