kirin、オフローダーを目指す!

SEROW250に相応しい乗り手になりたい人の日記

生駒ライダーパーク

神様との二回目のレッスン終了後に、オフローダーへの道の険しさを痛感して、気持ちが萎えているkirin。

セロ君は駐車場で、待機しているというのに、ダラダラと時を過ごしていました。

そんなkirinに神様から三回目のレッスンのご提案が。

生駒ライダーパークへのお誘いです。

生駒ならセロ君と自走出来るかな?

という事で参加!

なのに、当日、またしても神様がお迎えに来てくださいました。

神様、毎回すみません…。

 

三回目ともなれば、何だコリャ的な車にも慣れるものです。

今回は車内をシゲシゲと観察。

神様の車の中はフェイクファーとぬいぐるみが沢山。

ハンドルにもファーがついています。チンチラというらしい。猫が付いているのではありませんが…。

観察の結果、神様の車はヤンキーさん仕様のようです。

自分がヤンキーさんの車に普通に乗せて頂いている事実。ちょっと感動しました。

 

で、そんな話をしている間に生駒到着!

 

以前来た時はレースがあるので、コースは拡充されていましたが、今回は平常に戻っていました。

という事で、前回には無くなっていた第二広場でレッスン開始。

 

前回の広場より石等の露出があり、更にはアップダウンもあります。

ちょっとずつ進歩?ですかね…。

 

初めはお約束のグルグル。

でもね、以前は何も考えずに、ただグルグルしていたのですが…。

実は、このレッスン以前に神様からDVDをお借りしていて、イメージトレーニング済み。

という事で、乗車姿勢、力の抜き方等、気になる事が山盛りです。

ここで、あのDVDの先生の偉大さを痛感!

いや〜、イメージトレーニングの時は簡単に出来そうだったのに…。

難しいです。

ただグルグルするだけなのに…。

あ、今は肩に力が入っているとか。あ、ハンドルの持ち方が違うとか。

あれや、これや気になります。

奥が深い!深過ぎる!

 

とそんなkirinに神様から指示が。

もっと小回りをしてみよう!と。

小回り。難易度がかなり高いです。

しかし小回りが出来れば、自由度が上がります。

という事で小回り。

やり方は…。

リーンアウト的に曲がる。

お尻はシート外側の角に座る感じ。

内側の足は着いてok。

 

で、8の字で実践開始。

開始直後はヨタヨタでしたが、だんだんヨタ?くらいの感じで回れるようになってきました。

すかさず、神様の褒め言葉

えーぇ。kirinは褒められて伸びるタイプ。存分に褒めてやってくださいませ。

 

調子に乗って半日、グルグル8の字を回っていたのですが。

一つ理解した事は、シートの外側の角の角に座ると、かなりの小回りが可能な事です。

かなり思っているラインで、小回りが出来ます。素晴らしい!

 

という事で、神様レッスン三回目は小回りでした。

 

因みに、レッスン中に左に二回、レッスン最後に右に一回立ちゴケした事は、覚え書きとして記しておきます。

セロ君トータル五回転倒!

本当にごめんね〜。