kirin、オフローダーを目指す!

TTR125le2018に相応しい乗り手になりたい人の日記

どろんこ祭り

日曜日はバイク屋さんのイベントでした。

どろんこ祭り…3回目の参加かな??たぶん。

で、今回もプラザ阪下のモトクロスコース貸切。

モトクロスコースって、普段ならめちゃくちゃ速い人達が跳び回ってる所じゃないですか!そこを亀走りのkirinでもトコトコ走れるんですよ。

ただ、参加申し込みはしたんだけど…当日はちょっと寒そう。お天気だといいんだけどな…なんて思いながら朝6時半過ぎ出発。清々しい朝日が懸念事項を払拭してくれました。8時前に到着して、準備。

今日はね、車で来たんですよ、いいな車。冬は自走が辛い季節なので…トランポ欲しい!って思ってしまった。

 

さて開会式?の後、コースへgo。今日の目標はね、90分間走り続ける事。そんなに長い時間、走り続けた事は一度もないのでドキドキしながら…取り敢えず開始!

だけどだけど、一周目の第1カーブでバンクから飛び出しそうになってしまった!

うん、地面がふかふかで柔らかい。空気圧、ちょっと下げた方が良いかも…。何とか一周したら速攻で空気圧調整へ。

結局、9時半くらいから90分間チャレンジへ。

 

 

モトクロスコースって、ちょっとした坂とかが、ジャンプし易く設計されているじゃないですか?そんな坂でセロ君が跳びたそうにするんですよ。

でもでもkirinの実力では上手く着地出来るか不安だし、行きたがるセロ君を宥めながら…なんだけどね、実はkirinは跳ぶの大好きなんですよ!

スキーとかでも跳ぶと景色が違って見えるから大好き!だけど、着地の自信がないのに跳ぶと、ロクな未来にはならないよね?

 

 

跳びたい!着地は大丈夫??

跳びたい!着地は??

跳びたい!ちゃく…

跳びたい!

 

 

こんな感じで脳内の葛藤終わり。

f:id:kirintokaeru:20190218145110p:plain

 

見た?見た?見たかな??

ちゃんと浮いてるよね?

生まれて初めてモトクロスコースで跳びました。

感想はめちゃくちゃ気持ちいい!!この一言に尽きます。

 

スキーとかで跳ぶと着地の時に自分の体重の何倍もの負荷が脚に掛かるので、最近では殆ど跳んでなかったんですよ。膝と太腿が死んでしまいそうになるからね。

 

だけど、バイクにはサスペンションがある!

これって凄い事。セロ君は辛いかも知れないのだけれど…kirinは快適!何処も痛くないのに跳んでる〜!

 

楽しい!楽しいぞ!

ただ、kirinの実力で跳べる坂は4つしかない。コース前半の1つ目の坂が一番跳び易い。

4つ目の坂はちょっとだけハンドルを切りながら跳ぶ!カッコつけながらね…

 

いや、楽しい!楽しい!

 

あっと言う間に90分間チャレンジ終了。

口の中までジャリジャリだったからうがいして、水分補給。おにぎりを一つ食べたら、次はもう一つのやってみたい事へ。

 

 

それは…

おさるさんのYZで走る事。ただ全く脚が届かないので、発進したらもう止まれない!人が居る所はなるべく大きな音を立てて、危ない人ですアピールをしながら…コースへ。

 

二速固定、だけどだけど…全くアクセルが開けられない!なのに、ですよ。アクセルを開けていないのに、グングン前に行こうとするYZ。いや、もうやる気満々。怖くて怖くて…音は爆音だし…暴走族みたい。

だけど、一番長い坂道でのパワーは凄い!セロ君なら唸り声をあげながら失速する坂をスイスイ上る!

 

そーなんだ、いつも林道部の人達って、めちゃくちゃ速度調整してくれながら後ろ走ってくれてたんだ!!!しかもグイグイ行こうとするバイク、抑えるの結構大変だよ〜。

皆さまの優しさを心底理解した時点で、おさるさんへ返却。

やっぱりkirinにはレーサーは無理でした!

再認識出来ました。

 

 

 

そうこうする間にお昼ごはん。

お弁当を食べたら、直ぐにコースへ。今度はセロ君でね。

 

で、林道部の人達が跳んでるのを横目で観察しながら…もうね、飛距離が全然違うの。kirinの場合はちょこんって感じでセロ君が落ちるんだけど、林道部の人達はずーっと空中なんですよ。あれは違う景色が見えるだろうなぁ…

あ、いかんいかん、今日はちょこんでも初跳びなんだからと脳内調整して、ひたすら走る。あっと言う間に30分。

チーム対抗リレーがあって、その後はまたフリー走行。残り30分もひたすら走って。終了。

 

 

今日はお天気も良くて、名前とはちょっと違う『砂埃祭り』だったけれど、凄く楽しかったです。

ご参加の皆さん、ありがとうございました。

お疲れ様でした!