kirin、オフローダーを目指す!

SEROW250に相応しい乗り手になりたい人の日記

ご近所広場 グダグダ編

サワガニを踏まないようにとチェンジの入れ間違いで、ヘルプ2回。

 

グダグダのまま取り敢えず、一旦舗装路へ。リーダーから休憩しましょう。水分補給してくださいとの指示。至れり尽くせり…マジ、かたじけない。

 

で、休憩の後、こっからが三角点に向けての本番です。

山の中へ入って行きます。

でもね、こっちの山は何だかツルツルのにゅるにゅるなんですよ。粘土質みたい。

もうね、後輪が滑る滑る。ツーリスト君、完全に仕事放棄!ヤル気ゼロ。

こうなったらお手上げです。

なんせkirinの実力は全く上がっていないのですから…。

 

からの

f:id:kirintokaeru:20170710073152j:plain

転倒!

この坂道、この前来た時はトコトコと上がれた筈なのに…

何故に転倒??

って、ちゃんと分かっています。進入したルートが間違っているから。

 

この坂道、轍が二本出来てるんですよ。向かって右側と真ん中に。

でね、真ん中の轍は掘れ過ぎてて、今日みたいなツルツルのにゅるにゅるなら選ばない方が良さげ。

にも関わらず、セロ君の前輪がふらふら〜っと真ん中の轍へ。キチンと転倒。

 

で、写真のようになったのですが、このセロ君、起こそうにも足元がツルツルのにゅるにゅる。全く踏ん張りが効かない。というか、立ってるのも大変な所なんですよ。

リーダーとおさるさんが起こして、下ろしてくださいました。ありがとうございました。

あ〜〜ぁ、今日はマジ駄目だ。

 

でね、行ける気がしないし、三角点まで行ったとしてもピストンだし、ここに残ってます!提案をしたのですが、却下されてしまいました。

じゃあ代走は?の提案も却下。

リーダーって優しそうな顔してるけど結構スパルタ系。Sなのかな?

ただ、ラインは教えてくださったので、右側ラインでふらふらと上ります。

 

この後もずーっと上り道です。でね、またまたセロ君の前輪がふらふら〜と思っていない方向へ。からの立木に頭を激突からの転倒。

ヘルメットって大事ですね…。

何してるんですか?って訊かれても…セロ君の前輪ふらふらなんですよ。

 

これはね、冷静に分析すると…腕の筋力の問題ではないかな??

だって地面はにゅるにゅるなんですよ。思わぬ方向に向かって行こうとする前輪を思う方向に向けるのって、やっぱり筋力でしょ??

最近、筋トレさぼってるもんなぁ〜って山の中で反省しても意味が無い!

取り敢えずは前進あるのみ。

だけどね、こっから三回転倒、毎回リーダーにヘルプして頂きました。

リーダー、湿度が高く暑い中、泥まみれになりながらのヘルプ、本当にありがとうございました!!

 

で、何とか三角点へ

f:id:kirintokaeru:20170710080434j:plain

で休憩。休憩。

 

休憩の後は下り。

前回も初めの下りは立木にハンドルが当たりそうだし怖かったけど、今回はツルツルにゅるにゅるのオプション付き。

亀の如く進んでたのに…セロ君の前輪、見事に滑りました。

もう駄目。

リーダーが代走してくださいました。

 

 

で、下りは終わったけど、まだ山の中。出口まではまだ少しあるって所の倒木を越えようとちょっとアクセルを開けたらね…セロ君の後輪、この時だけやたら噛んだんですよ!!

からの急加速。

 

もう、なるようにしかならないよね??

でっかい立木に激突!からの転倒。

ヘルメットのシールドとバイザー、取れちゃった。

 

取り敢えず拾って付けようと…でもね、買った時は神様が付けてくれたんですよ。なのでやり方が分からない。こんな事までリーダーがヘルプしてくださいます。帰ってから取説、熟読しておきました。

リーダー、許してくださいね。

 

で、ヨタヨタと山を出ました。

 

 

今回はおさるさんと軽くフラット林道と広場練習だと思って臨みました。

偶然にもリーダーとお逢い出来て、ラッキーだったのですが、グダグダの酷い有様を露呈しただけに終わりました。

 

リーダー、本当にお世話になりぱなしで申し訳ありませんでした。

こんなグダグダkirinのお守りなのに、楽しかったと言ってくださったリーダーの優しさは本物だと思っています。

またご一緒してくださいね。

本日はありがとうございました!!

 

以上、ご近所で七転八倒してきたお話でした。