読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kirin、オフローダーを目指す!

SEROW250に相応しい乗り手になりたい人の日記

京都Y城 午後の部

お昼ごはんも終わり。

午後の部は前回下った万燈呂展望台からの下りルートの逆。つまり上りから始まりました。

この上り、斜度もある程度あるのですが…それよりも所々に木の根の段差があるのです。30センチ以上の段差がね。

この段差が上手く上れない…。ツーリストのおかげで、前輪は何とか上るのですが、後輪が空転してしまいます。

木の根、難しいです…。木の根の度に皆さんに助けて頂きます。

神様からはもうちょっと、後1キロ分アクセルを開けるようにと、ご指導頂きます。これがね、なかなか開けられないんですよね…。

 

でも、ま、何だかんだで、後数メートルで展望台って時に、アクセルがグオーんって唸りました。

その後、スルスルと後退。

ん???

何だ?ここの斜度、大したことはないはずなのに?

ツーリスト君なら余裕のハズ。

セロ君、どーしたの???

 

どうもギアが入っていない…。

これって…まさか!

 

そう、クラッチ板が逝っちゃいました!まだ10600キロしか走っていなかったのに…kirinの下手くそ!

 

でね、取り敢えず続行不能なので、下ります。

元来た坂を下ります。何だか勿体ないですが、下ります。

 

あ〜ぁ、せっかく上ったのに…。

今日は…ばっかりです。

前回も下った坂、うん、2回目はかなりスルスルと下れました。せめてもの救い…。

 

さて、山は下りました。取り敢えずバイク屋さんまで向かいます。平らな道で騙し騙しギアを上げていきます。4速くらいまでは入りそうです。

 

因みにY城からバイク屋さんまでの道、上り坂が三箇所あるのです。

クラッチ板が逝っちゃったセロ君で帰られるのかな???

 

神様がサポートするから、一緒に帰ろうって。

山の中からオンロードまで、神様、本当に保護者みたい…。

いつもすみません…本当にありがとうございます!

 

で、帰り始めます。

でもね、だんだん滑り方が酷くなっていきます。発進の時とか亀さん並…。

更には坂道が唸る唸る!の割にはスピードが上がりません…。

 

神様が左手でkirinの背中を押してくださいます。ハンドガードぎりぎりで、アクセルを開けながら上り坂。

もうね、神業です。

しかも最後の上り坂は国道1号線!交通量も半端ないです。

その坂道をグオーんって!

 

こんなこと書くと怒られるかも知れないのですが…初体験、ちょっと楽しかったです。(無知って怖い?)

 

で、神様による神業のおかげ様で、何とかバイク屋さんへ。

f:id:kirintokaeru:20170420043835j:plain

到着!

セロ君は直るまでこのまま、お泊り。

 

 

今回の反省。

実は今日、朝からセロ君は少しおかしかったのです。

国道1号線で、65キロ以上、速度が上がらなかったのです。5速が唸るので、4速で走っていました。

 

ただ、知識が無いkirinは唸る=エンジンブレーキが効いてる?とか思っていました。(バカです)

今、考えるとたぶん朝から5速は滑っていたのだと思われます。なのに、そのまま山の中へ。無知って怖いです。

 

 

セローはクラッチが滑り易いとは聞いた事があります。

でもね、乗り方にもよるらしいので、kirinの場合は不必要な半クラが原因と考えられます。クラッチに指を掛けている間中、半クラだったのかも…。

というのも、セロ君のクラッチはかなり遠い目なのです。kirinの希望でツーリング仕様のまま…。

 

kirintokaeru.hatenablog.com

 ね?わざわざ遠くして貰っていますよ…(やっぱりバカ)

 

乗り方!これって上手くなるとか以前の問題ですよね?

 

セロ君が直ったら、ゼロからやり直しだなぁ〜。

あ〜ぁ、上手くなるのはいつになるんだか???

 

 以上、根本的な基礎練からやり直さないといけない事が判明した山遊びになりました…。

とほほ…