読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kirin、オフローダーを目指す!

SEROW250に相応しい乗り手になりたい人の日記

ご近所?林道ツーリング 前編

お久しぶりでございます。

皆さん、お元気でしたでしょうか?

kirinは元気に編みモノやらスキーやら…。

 

 

 

 

でもね

f:id:kirintokaeru:20170125151506j:plain

本日、やっとこ初走り!

めちゃ寒いんですが、晴天!

 

本日は林道部の有志の方々が近くの広場で練習をされるらしく、行ってもいいの??みたいな感じで参加させて頂きました。

 

ただし、広場に行く直前の下りがキツイらしく、kirinの実力では無理だから裏から行くとか行かないとか。

ま、何処に行くのかも知らないので、ひたすら頑張ってついて行くしかない!(決意)

 

 

さて、ファミマで集合した後、いざいざ。先ずは舗装路からだんだんと山の中へ入っていきます。

けどね、今日は寒いんですよ。途中の温度計は2度でした。

 

でね、山の中へ

f:id:kirintokaeru:20170125193334j:plain

雪じゃないか!しかも所々凍ってるし…。

 

因みにこの写真の所までコケてはいないけど、何だかね…。

 

場違い?間違い?勘違い?

うん、勘違いしたkirinは間違って、場違いな所に来てしまったんだ!

どーしよう。どーしようって、ずっと思っていました。

 

だってね、林道だけど林道じゃないんですよ。(意味不明)

強いて言うなら山の中!みたいな道なんですよ。脱力感、半端ないですよ。完全に実力以上。でも、帰るにしても何処へ迎えばいいのかも分からないし…。

暫しの休憩の後、更に山の中へ進んで行きます。

 

 

斜度が???みたいな所を駆け上がり、尾根なのか?みたいな所を走り抜け、崖に見えるみたいな下り坂をリアリア言いながら下り。

因みにこれは脳内イメージ。

 

 

現実はこちら

斜度が???みたいな所の途中で失速!え、マジか?とかいいながら、皆さんに支えて頂きました。

しかも坂道発進なんですが、前輪を回して頂き、後ろから押して頂きました。何とか尾根道へ。

でね、木の根につっかえて、またまた前輪を回して頂き、ヨロヨロと進んで行きます。

崖に見える下り坂では子どもの自転車練習のように後ろを引っ張って頂き…。

 

現実ってツライです。忘れたい…。

でもね、コケてはいないんですよ。ここまでは!(いばる事では無い…)

ま、あれだけ介護して頂いていたら、コケる訳ない…。 

 

 

でね、ツライ現実が終わった後、あと少しだからというので、トコトコと走っていたのです。

フラットでした。

右側がちょっとした崖にはなっていましたが、道はフラットの緩やかな下りだったんです。道幅は30センチくらいでした。

トコトコトコトコ。

ちょっと気持ちいいなぁ〜とか思っていた訳です。

そんな気持ちが緩んだ刹那、石にのってハネちゃいました。

で、前輪と後輪のブレーキを掛けて停止しそうな速度だったし、右足を地面に着いてバランスを保とうとしたら…………地面が無かったんですよ。

 

 

 

 

 

 

バイクは既に少し右側に傾いています。因みにkirinは右利きなので左腕の筋肉は少し弱い。

ということは

 

 

 

‼︎

 

 

 

f:id:kirintokaeru:20170125204822j:plain

初、崖落ち!

 

いやー初走りにて初崖落ち!

縁起が良いんだか悪いんだか?

ま、怪我もせず、健やかにブログ更新が出来ているので良かった!としておきます。(反省の色無し?)

 

 

マッハで神様と仙人さんとHさんが駆け降りて来てくださいました。怪我が無いか確認してくださいます。

腐葉土でふかふかの地面。どこも痛くは無いのですが、倒木に挟まって右足が抜けません。

で、右足が抜けませんと申告。助けて頂きました。

 

落ちてから救助されるまで20秒くらい⁈

 

皆様、本当にありがとうございました!!

鈍臭くて本当にすみません。

 

とここまで書いて前編は終了。後編へつづく。