kirin、オフローダーを目指す!

SEROW250に相応しい乗り手になりたい人の日記

亀岡の林道デビュー!万寿峠、ぴょんぴょん林道編

四国の旅以来、心に決めた事があります。

それはコケないようにする事となるべく足を着かないようにする事。この二つが実践出来たら、怪我をする確率がかなり下がると考えているのです。素人考えかも知れませんが…。

 

さて、パンティ林道も無事終了し、万寿峠へと向かいます。この林道も北側から進入した方が難易度が低いらしいです。もちろん北側から進入!

 

そよそよとススキが風に揺れている地帯を走り抜け、大小の浮石地帯。

あれ?ここは初心者コースだよね?結構ガレてるんですけど!等と思いながらガンガン進んで行くと…。

何だか轍が半端じゃない深さになってきました。

前を走るラクダさんが失速。

ん?この轍地帯は勢いで乗り切りたいんですけど…からの失速。で、セロ君は左側に寝ちゃいました。転倒?でもね、轍が深いからセロ君が休憩しているようにも見える…。

 

あ、写真は撮り忘れました…走っているとブログの事、忘れちゃうんですよね…。単細胞だから一点集中?というか考えがないので…。

起こそうとしたのですが、セロ君は休憩したいみたい。もがいているとラクダさんが来てくれました。

ラクダさんはツーリスト履いてるんですよね。だから失速してもリカバリー可能。kirinはノーマルだし腕もないので失速するとリカバリー不可能。とりあえず起こして貰い、後ろを少し押して貰いました。

この深い轍、粘土質っぽいし、雨が降ったらツルツルになりそうです。今日は晴れていて良かったです。

 

さて、気を取り直して峠へと向かいます。峠はちょこっと広場もどきがあります。ここに先程パンティ林道でお会いしたおじ様方がいらっしゃいました。

で、ちょこっとおしゃべり。

(本当はここでコーヒーを飲んで休憩したいと思っていたのです。ちゃんとドリップコーヒーもチョコも持って来ていたのですから…)

 

しかし!成り行きでこの後、このおじ様方と一緒に走る事になりました。

大丈夫なのか?知らない人と走るのは初めてだし、如何せん腕のないkirin。ご迷惑だけはお掛けしたくないので、あまり気乗りしなかったのですが…ラクダさんが乗り気?仕方ないです、一緒に行きますよ。

 

とりあえず峠からちゃっちゃと下り、次なる林道へ。

 

次なる林道はぴょんぴょん林道!

名前の通りぴょんぴょんと跳ね飛ばされる林道らしいです。

 

マジか?大丈夫か?然も全然知らない人と一緒に?(しつこい)

f:id:kirintokaeru:20161024060202j:plain

入口はこんな感じ。

あれ?あんまり斜度がないみたいに見えますね〜。本当は結構な斜度でしたが…。

で、ガンガン上っていきます。

 

f:id:kirintokaeru:20161024060445j:plain

こんな感じ。ガレガレ上りです。

 

この手前が写真よりもっともっとガレガレで酷かったのです。そこで、Dトラのおじ様がリタイア。スリックタイヤだと滑ります。おじ様方が自分達は下るから、先に上れとおっしゃる訳です。

で、ご親切に上りのあちこちに立ってヘルプに備えてくださったのですが…残っているのは真ん中のめちゃめちゃエグれてるルート(実力以上)案の定転倒。あーぁコケたくなかったのに…。二人がかりで助けて頂きました。お手数をお掛けしました、ありがとうございました。

でもね、やっぱり気心の知れた人とテキトーに走るのが楽しいです。(人見知り直さなきゃいけないなぁ…)

 

ま、そんなこんなで峠へ到着。眺望無し、広場無し、何にも無し。

オフローダーの方がひとりいらっしゃいました。暫しおしゃべり。

実はこの方、一度下られて来たのですが、kirin達がバイクの向きを変えたりゴソゴソしているのを見て、峠へ戻られていたのです。時間が掛かった事をお詫びします。

 

後は下り道。こちらはガレガレ無し。ぴょんぴょん林道、確かにぴょんぴょんしてしまいました。

ぷちぷち林道ツーリングはこれで終了。

 

ただ、ぷちぷち林道ツーリング中、決意も虚しく転倒4回。自力で起こせたのは1回、おじ様方に1回助けて貰い、残り2回はラクダさんに助けて貰いました。

 

しょぼん。

 

帰り道、もちろん神様へ報告をしに行きました。転倒の話をすると神様がセロ君のチェックをしてくださいます。シフトペダルとブレーキペダルが曲がっていました…。マジ?全く気が付かなかったんですけど!

神様が巨大鸚鵡の口ばしみたいな工具で真っ直ぐに直してくださいました。神様、ありがとうございます。

 

スーパー林道を走って、少し林道を走る感覚が解ってきたように思っていたので、今回の転倒は凹みました。が、怪我してないから良しとします。(前向き過ぎ?)