読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kirin、オフローダーを目指す!

SEROW250に相応しい乗り手になりたい人の日記

丸太祭りの見学

雑記

晴れた週末。

プラザ阪下では丸太祭り?が開催されています。

この間、見た。あの何でこんな所に丸太が?というコースです。

 

kirinはあまりレースとかには興味はありません。

が、あの丸太はどうやったら通れるのか?

こっちの方には興味があります。

 

という事で行って来ました。

プラザ阪下へ。

車使用なら、迷わず近畿自動車道路を選ぶのですが、セロ君と一緒なので、下道の中央環状線を走ります。

初体験!

中央環状線は名前からも解るように、かなり交通量の多い道です。

事前にグーグルさんに道順を教えて貰ったところ、一時間半程で着くようです。

野暮用もあり、10時に出発です。

日曜日という事もあり、中央環状線は空いています。

スイスイ進みます。

この大阪南部へ行く道は走り慣れた道です。

ほぼ直線で走り易いのです。

セロ君で走るのは初めてですが、空いていると気持ちいいです。

 

で、羽曳野辺りまで来ました。

この辺りから、170号線に入らないと、河内長野へは行けません。

グーグルさんは、左右左右、左右左右と複雑怪奇な表示。

セロ君はあっち、こっち、どっち?

と気付けば迷子になってしまいました。

30分くらい⁉︎

プラザ阪下到着は12時でした。

 

レースは始まっています。

というか、開始から一時間経過。

一番、解り易そうなカーブで参加されている神様と気のいいシロクマさんを探します。

ちゃんと事前にエントリー番号は調べてきました。

127と133。

 

さて、いつ来るのかな?

って、皆さんドロドロで全く番号の判らない方もいらっしゃいます。

うーむ、困ります。

開始から一時間も経ってからの見学なので、どのような服装なのかも解りません。

 

途方に暮れそうになった時、神様が現れました。

ふむふむ、いつもと同じ服なのね〜。

という事で、本題の丸太の方へ移動。

気のいいシロクマさんが来ました。

丸太に向かって行かれます。

あ、バイク投げた…。

その後、神様が来られました。

丸太に向かって行かれます。

 

うーむ、こっちからだと上手く撮れません。

あの中の島みたいな所へ行きたい。

どうしたら行けるのか?

あら?さっき中の島にいらしたおじさまが隣に。

訊いてみました。

コースを横切ればよい。と。

 

‼︎

 

結構アバウトです。

で、中の島到着。

ここからは階段も丸太もどちらもよく見えます。

でも、なかなか難しいです。

kirinは風景写真しか撮った事がないのです。

バイクの写真を撮るのはかなり難しいです。

動きが早いので…。

 

神様も気のいいシロクマさんも二周しました。

そろそろこの場を後にします。

で、スタッフさんらしい人に違う見所を伺うと、パンダ沼を推薦されました。

そちらに向かいます。

パンダ沼はドロドロの田んぼみたいな中にこれでもか!っていうくらいタイヤが掘り込まれていて、しかも、丁度フェンダーが引っかかりそうな高さにタイヤが暖簾のようにぶら下がっているのです。

酷いです。

丸太も何で?レベルで酷いですが、パンダ沼も名前とはウラハラにかなり酷いです。

ここでも二周確認。

 

で、スタッフさんらしい方に、またもや見所を伺います。

お勧めはちょうちょうヒル!

何て平和的な名前。

でもね、殆んど垂直な壁なんだそうです。

で、場所の確認。

コースを何度も横切らなければなりません。

怖いです。

皆さん結構な速度で走っておられます。

うーむ。行きたいけど、行けません。

…。

すると、教えてくださった方が案内してくださる。とおっしゃるのです!

何ていい方!という事で案内して頂きました、ちょうちょうヒル!

この壁を登って!

って、歩いて登ろうとしても難しいです。殆んど四つん這いで何とか登ります。

ちょうちょうヒルのスタッフの方が、写真ポイントを教えてくださいます。

凄いですよ。ここも、殆んど垂直なのに、皆さん、何事も無いかのように登って行かれます。

kirinは四つん這いで登ったのに…。

 

ここも二周。

で、またまたスタッフの方に伺いました。

次はガレ場。

コースを通って行けば直ぐなんだけど、危ないので元来た道を戻って、外周に沿って行くように。とアドバイスを頂きました。

元来た道を戻って外周を目指します。

この辺りになると誰もいらっしゃいません。

あ、お一人おじさま発見!

ガレ場の位置を伺うと、ここだとおっしいます。

で、カメラを構えてずっと見ていたのですが…。

どうやら迂回ルートだったみたいです。

kirinここでも迷子です。

で、気付けば14時。

レースは三時間と聞いています。

もう終わっちゃうかも…。

と思って、ふと見ると。

気のいいシロクマさんが爆走しておられます。

あっちが正しいルートだ!

と走って何とかガレ場に到着。

ここでも二周確認。

よかったです。間に合って。

 

という事でレース終了。

 

参加の皆さん、お疲れ様でした。

とても楽しく見学させて頂きました。

ありがとうございました。

 

今回、写真は一眼レフで撮っていたので、一枚もブログに載せられませんでした…。

あ〜、kirinの間抜け…。

 

しょぼん。