読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kirin、オフローダーを目指す!

SEROW250に相応しい乗り手になりたい人の日記

生駒ライダーパーク

神様に林道デビューをさせていただき、まだまだ、まだまだ、まだまだ…基礎が足りない事実を自覚したkirin。

練習をしに行って来ました。

生駒ライダーパーク!

 

思えば初めて神様に乗せていただいて、訪れたのが9月2日。

あれから二カ月弱。

ひとりで行けるようになりました!

あの大阪から生駒山を掛け上がり、奈良へ抜ける自動車専用道路!

70キロで走っていてもゴボウ抜きにされる、あの自動車専用道路!

もちろんゴボウ抜きにはされたのですが、ひとりでも行けました!

 

やるなkirin!いやいや感無量です。

 

今日はこの報告だけでも、良いような気がしますが…。

もうちょっと、中身もご紹介。

 

まず、10時からエンジン始動なので、受付とかもありますし、9時45分位を目指して、自宅を出発!

しかし、まさかの迷子。

気付けば、10時に到着でした。

 

で、受付も済ませて10時15分から、練習開始。

先ずはぐるぐるから。神様レッスンでもお馴染みのぐるぐる。

しかし、ここでまさかの転倒。

セロ君七回目の地面です。

右側に倒れました。

すかさず、起こして練習再開!して、ビックリしました。

前輪ブレーキが全く効きません。

? 何で???

よくよく観察してみると、ブレーキレバーがハンドルガードと干渉して、動かなくなっていたのです。

ナンテコッタ!

転倒の衝撃で、本当に上手い具合に、ぴったりハマった!

 

先ずは力技でトライ。ビクともしません。ま、当たり前です。

次にセロ君に付いてる工具でトライしようと、工具箱を開けて見ると…。何だコリャ?的に使えない物が満載。この工具、積んでる意味あるのかな?

 

で、途方に暮れたので、神様に緊急連絡。神様曰く、スタッフの方に直して貰うように。との事。

早速、スタッフの方の元へ。で、直してというか、ハンドルガードを取っていただきました。

ハンドルガード自体が曲がってしまっているので、付け直しは不可能との事です。

右側のハンドルガードが無いので、右に転けないようにね。とのご忠告も頂きました。

 

神様に事の顚末をご報告した後、練習再開!ぐるぐるぐるぐる。

この広場は9月2日の神様レッスンでアクセルターンもどきを練習した場所。

そうだ、アクセルターンの練習をしよう。という事で、やってみます。

しかし、前回はセロー225、今回はセロ君(250cc)。かなり勝手が違います。

しかも、後輪タイヤの滑り具合はセロー225の方が断然いい!

なかなか、思い通りにセロ君の後輪タイヤを滑らす事が出来ません。

しかも、右側のハンドルガードが無いのですから、右側に倒れる訳にはいかず、結果として、ずーっと左回りばかりしていました。

kirinの真面目な三半規管がグラグラします。

グラグラしているうちに、お昼です。

 

お昼はおにぎりとスープ。

そんなkirinを見守るセロ君。

f:id:kirintokaeru:20151024164516j:plain

青空に映えます。

でも、耳が(ハンドルガードが)片一方だけなのが、何とも痛々しいです。

ごめんね、セロ君。帰りに神様に直して貰おうね。

等といいつつ、お昼も終わり。

 

午後の部開始。

またまたアクセルターンもどき。

左回り限定。

ちょっと慣れてきたかもセロ君。

でもね、左回り限定だと飽きてくるのです。

午後の部は一時間ちょっとで終了しました。

14時過ぎに帰り支度を始めました。

で、帰りに受付でスタッフの方にご挨拶。どんな工具を持ち歩けば良いか?等のアドバイスもいただきました。

スタッフの方、お世話になりありがとうございました。

 

帰り道。

バイク屋さんを目指します。

神様にハンドルガードを直して頂かなくてはなりません。

 

その前に生駒山を下る自動車専用道路の洗礼が!

当たり前ですが行きは上り坂です。かなりゆっくりペースの車もいます。

しかし、帰りは下り坂!

どう頑張っても車の方が重いので、坂道を転がる速度が速いのです。

抜かれる、抜かれる。

基本的に抜かれる事に抵抗は無いのですが…。

ミラー越しに見える車、全てに抜き去られました!ちょっと笑えました。(セロ君、不甲斐ない乗り手でごめんね…)

 

で、バイク屋さんに到着。

神様はお忙しそうです。

鶴ちゃんに説明。

でも神様が何というか。ですけどね…。という事で神様待ち。

神様がセロ君の診察に掛かります。

結果は骨折でした。

パーツ取り寄せて、後日手術!という診断。修理は不可能でも、応急処置だけはしてくださいました。

 

セロ君がkirinの元へやって来て一カ月ちょっと、ハンドルガード、一本折れました。

セロ君ごめんよ。大事にはしているんだよ〜。とっても!

 

という事で、練習しに行ったのか、ハンドルガードをヘシ折りに行ったのか、よく分からない結果になりました。

 

しょぼん。