kirin、オフローダーを目指す!

SEROW250に相応しい乗り手になりたい人の日記

〇ヤマ オマケ編

9月12日に納車されて、蝶よ花よと慈しまれてきたセロ君!

kirinと出逢って、初めて地面に叩きつけられました。(セロ君!ごめん)

セロ君もかなり驚いた事でしょう。

ま、やった本人(kirin)が一番、驚いていたのですが…。

 

でもね、セロ君のハンドルガードに無惨な傷が付いて、ホッとしているkirin。

f:id:kirintokaeru:20151002153427j:plain

これからは自由だ!

 

声に出すと、こんな感じですかね。

実はピカピカのセロ君に気を使っていたのです。

だって、あまりにピカピカで可愛くて、傷なんて、もっての外!的なオーラ全開だったんですよ。kirinのセロ君は。

なのでkirinが持ち主だというのに、何故か毎回、お邪魔します的な雰囲気になってたんですよね。

 

それが初コケを体験して(セロ君的にも)、やっとkirinのセロ君になったという感じがひしひし。

傷は出来たが可愛い我が子みたいな。

 

という事で、気楽に乗れるようになりました。

この辺りの感覚はオフロードバイクだけの特性かも知れません。

 

初コケからバイクを起こし、もう一度エンジンを掛けなおした時に、神様がkirinの側に来られました。

どしたん?って。

初コケを説明。怪我がないか確認してくださいます。

怪我のない事も説明。

 

そうすると神様が、景色を見に行こうと誘ってくださいました。

林道を少し進みます。

神様曰く、立ち乗りの方がバランスが取りやすいよ。と。

 

おっかなびっくり、立ち乗りで神様の後ろについて行きます。

神様はスタンディングしながら、待ってくださってます。

 

で、何とか林道を抜けて山頂へ。

f:id:kirintokaeru:20151002154435j:plain

青い空の下、琵琶湖と大津市内が広がっています。

(スマホで撮るのは難しいですね)

ご褒美のような景色です。

で、跨っていたバイクのスタンドを立てて、バイクから降りようと思った刹那!

まさかの立ちコケ‼︎

今度は右側にコケました。これで左右一回ずつです。

f:id:kirintokaeru:20151002155905j:plain

 

神様が直ぐさまバイクを起こしてくださいました。

あ〜!ダメなkirin。

見ず知らずの方の時は、目にも留まらぬ早技的に、起こす事が出来るのに…。

神様には甘えています。

神様、すみません。この時は疲れと目の前の景色に気を取られていたのです。

次回からはちゃんとしますから。

今回だけは甘えさせてください。

 

f:id:kirintokaeru:20151002155736j:plain

景色にのまれるセロ君。

 

〇ヤマレポートは以上です。

 

kirin的には大変楽しかったのですが、オフロードを走るという事は、かなりハードルが高い!という事を痛感した一日でした。

 

神様、一日中お付き合い頂き、ありがとうございます。

宜しければ次回もお願いします。