読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kirin、オフローダーを目指す!

SEROW250に相応しい乗り手になりたい人の日記

〇ヤマ 前編

29日火曜日!大晴れ。

今日は待ちに待った神様レッスン二回目。

 

神様、kirinの家に7時にご到着。

はい、相変わらず、なんだコリャ的な車です。神様、ゆったりとkirinのバイクを積んでくださいます。

因みに神様はいつもゆったりとした動きです。

神様が焦っている姿は見た事がないかも知れません。いつもバタバタしているkirinは憧れます。

で、積み込みも完了し、いざ出発!

神様曰く、今日は〇ヤマ行こうと思ってる。そこで上りと下りの練習するから。と。

上り下りの練習!

そうです、生駒では平らな広場で練習していました。

上り下り!初めての経験です。

 

期待と不安の中、車は国道から高速道路へと進んで行きます。

神様の運転はまったりとして、とても心地良い運転です。

つい眠気に誘われそうです。

眠気ざましにも、おしゃべりに花を咲かせます。

神様がkirinにいろいろ質問なさるので、一つずつお答えしているうちに、高速道路出口へ。

 

kirinは知らなかったのですが、ETCの出口のバーって、かなりな速度でも開くのですね。

神様は、kirinが咄嗟に叫び声をあげてしまう様な速度で突っ込まれました。かなり怖かったです。寿命は確実に縮んだ感じです。

ね、神様、運転はまったりなのに、何故出口だけは猛スピードなのですか?

 

で、〇ヤマ到着!

駐車場で神様が仮眠を取っておられる間、kirinはその辺りを散策。

駐車場には桜。参道には紅葉。きっと四季を通して美しい場所のようです。

 

散策から戻ると神様はお目覚めで、隣のオジさまと談笑しながら、バイクの準備をなさっていました。

 慌ててkirinもご挨拶。

何でも山頂付近は野鳥の会の方々がいらっしるので、静かに!との事。

後、kirinのピカピカのバイクを見て、初めてなら最初の入り口がかなり荒れていて難しいのではないか。と。いろいろ教えてくださいます。

後で神様から、あのオジさまはここのヌシだと説明されました。

なるほど、ヌシらしい貫禄!

 

さて、注意事項も終わり、準備万端!

いざ、行かん‼︎

神様が先導してくださいます。

というか、先導されてもついて行けないのですが…。

神様、こんなに倒木と石だらけ!

なんですけど進むのですか?って。

 

セロ君のリアタイヤが空回りしています。エンジン音が虚しく、鳴り響きます。

1メートルほど進むのに、全身汗まみれ。しかも、10分は経ったのではないでしょうか?

kirin、もしかしたらオフロードをなめていました。

というか、オフローダーになるなんて絶対無理!

脳内で様々な思いが駆け巡ります。

神様がkirinのバイクを支えてくださいます。そして『大丈夫』と。

いつも不思議なのですが、神様が落ち着いてらっしゃると、kirinも落ち着けるような気がします。

 

でもね、神様。

初心者にこの道は酷くないですか?という、kirinの心の叫びが神様に伝わったのでしょうか?

神様から、代走のご提案。

是非ともお願いします。

 

神様が乗られると、kirinのセロ君、同じバイクとは思えません。

唸る事も無くするするっと。

弘法は筆を選ばず状態です。

 

kirinはプチハイキング…。

神様、初っ端から誠にすみません。

ハイキングの目的地は広場。

広場と言ってもここは山の中。生駒のライダーパークと違い、至る所に石があります。

 

広場到着後、暫しの休憩。

日陰で水分補給。

f:id:kirintokaeru:20150930215700j:plain

kirinのセロ君、青空に映えます。

 

さて、ここまでkirinが走ったオフロード、入り口から1メートル!

 

でもね、後編に続く。