読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kirin、オフローダーを目指す!

SEROW250に相応しい乗り手になりたい人の日記

納車後、第一弾

土曜日の納車から、明けた日曜日。

kirinはセロ君と共に美山へ向かったのであります。

 

以前にもお話したかと思いますが、ライダーの聖地美山へは、ダンプ街道を通らなければならないのです。

ダンプ街道!kirinが人生の厳しさを学んだ道です。

 

しかし!この日は日曜日!

 

ダンプは一台も走っていません。

つまり、ダンプカーに追い掛けられる事は無い!

ま、先導してくださる運転手さんもいらっしゃらないんですが…。

 

何はともあれ、美山へ向けて出発しました。

 

まずシートから。

以前のセロー225とはまるで違います。柔らかいという訳では無いのですが、弾力があるとでも申しましょうか。

座り心地がいいのです。

しかも、お尻が痛くなりません!

オフロードのバイクは立って乗るものらしく、シート幅も狭く、お尻が痛くなり易いのです。

なので、セロ君のシートはなかなか出来る奴なのです!

 

次に操作性ですが、これは新車だからかも知れませんが…

硬いです!

シフトペダルはガチガチに硬いです。シフトチェンジする度に足の指が折れるんじゃないか?と思うくらい、硬いです。

 

でもね、エンジン音は静かで。

パワーはまるで違います。

たった25cc増えただけですが、信じられないくらいパワフルです。

 

それは喜ばしい反面、エンジン音でチェンジを変えるタイミングを図ってたkirinは、いつチェンジを変えていいのか、全く解らなくなってしまいました!

大問題発生デス‼︎

 

更には、アクセルが柔らかく、ちょっと回すだけで、軽く60キロとか出ちゃうんです。

大問題デス‼︎

 

法定速度以上で走る事が儘ならないkirinが、軽く60キロ等、出していいハズがありません。

さて困った。

 

kirinの困惑など他所にセロ君はガンガン進みます。

 

タイヤが新しいからでしょうか?カーブが曲がり易いように思います。

kirinが上手くなった訳ではないのですが、カーブを曲がる速度が少し上がりました。

法定速度プラス3キロくらい…。

 

神様、これって進歩なんですかね?

 

訳が分からず。

というか、無我夢中で走っていたら、いつの間にか美山にいました。

 

感想は、かなり楽しかったです。

 

25ccの排気量拡大、シートの座り心地、タイヤが路面にグリップする感じ、アクセルの軽さ。

新車って素晴らしいんですね!

 

以前のセロー225は2000年モデル。

この15年の差は歴然ですね〜。

kirin的には良くなったと思いますが、一点だけ以前のセロー225の方が、優れていると思う点があります。

それはエンジン音!

こう、ぶーん、ぶーん、ぶーん。

って、文字にすると間抜けなんですが、チェンジを変える度に音が変わる。あの良さは無くなってしまいました。

 

とイッパシの感想を持ったkirinでした。

最後に美山の写真もアップしておきます。

f:id:kirintokaeru:20150915052438j:plain

茅葺きの里です。

このような民家の集落があり、保存されています。

かなり趣きはありますが、この日は日曜日!

芋の子を洗うような賑わいでした…

 

f:id:kirintokaeru:20150915052946j:plain

もちろん、アイスクリーム屋さんも長蛇の列でした…

 

以上、納車後、第一弾の記録でした!