読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kirin、オフローダーを目指す!

SEROW250に相応しい乗り手になりたい人の日記

ご迷惑をお掛けしました

雑記

16日の大冒険が成功して、すっかり気を良くしているkirin。

 

色々と、オフローダーに近づく準備に勤しんでいた23日の日曜日。天気も上々。

そうだ、お守りを貰いに行こう!

朝昼兼用ご飯を食べながら、そんな事を考えていました。

そうと決まれば即行動。手早く用意して、いざ出発。

の前にエンジンの暖機をしようとセルを回して、って回りません。

 

きゅる。とも言わない。何で?

 

確か昨日22日の土曜日はバイク屋さんへ、ヘルメットを貰いに行って、無事に帰って来たのに。

何故だ?

もしかしたらバッテリーが上がってる?kirinが想像できたのは、せいぜいこのレベル。

バッテリーが上がっている場合、きちんと充電出来ているバッテリーに繋いでセルが回ればいいだけだよね?

そのまま自走でバイク屋さんへ行けばなんとかなるはず。という事は充電出来ているバッテリーが必要。

すみません、そのような物は家にはありませんでした。

 

仕方がないので、JAFさんに電話。

 

対応の方曰く、今日は混んでます。一時間位お待ち頂けますか?と。

もちろん待ちます。

他に策が無いんですから。

 

で、待つこと一時間。JAFさん登場!

 

個人的な意見ですが、JAFさんはいつお会いしても頼もしい感じがします。今回も頼り甲斐がありそうなおじさまでした。

 

で、状況説明。

おじさま、充電済みバッテリーを片手にバイクに近づきます。

そこでkirinに質問。

バッテリーはどっちに付いてますか?

はい?バイクのバッテリーって?

kirin、ちんぷんかんぷんです。

JAFさん曰く、あちこち開けたくないので、バイク屋さんに訊いて貰えませんか。と。

 

え〜、今日は試乗会とかあって忙しそうだし、嫌なんだけど…。

というkirinの心の叫びはJAFさんには聞こえないみたいで、ニコニコしながらお待ちです。

 

仕方がないのでバイク屋さんへ電話してみると、店長さん。神様はお忙しいとの事。

あの〜、セローのバッテリーって、どっちに付いているか、ご存知ですか?駄目もとで質問しました。

 

答えは、確か右です。無ければ左です。

 

って…と思ったのはkirinだけでしょうか?

取り敢えず、お礼を言って電話は切り。JAFさんに伝えます。

JAFさん、右からご開帳。有りました。ピカピカのバッテリー。

3月に替えて頂いたばかり。まだまだ綺麗。

JAFさんの診断。充電出来てますね〜。

 

という事はもっと深刻な話なのかな?

あ〜あ、今日のお出かけは駄目だなぁ。とkirinが諦めた時。

 

JAFさんが一段大きな声で、しまった!と。

 

kirin、ちょっとビックリしました。まさか、事態はkirinが考えているより悪いの?

なのに次の瞬間、JAFさんは大笑いしながら、エンジンをかけてました。

 

何?何?直ったの?

全く解らないkirinにJAFさんが笑顔で説明してくださいました。

 

バイクには転倒した時とかに使うKILLスイッチというものがある事。

このスイッチをOFFにしていると、エンジンは掛からない。

カバーとかを外す時に手が当たってOFFになる事があるので、気をつけるように。

 

あの〜、まさか今回は?

と尋ねるkirinに、JAFさん笑顔でOFFでしたよ!と。

 

誠に申し訳ございません!

 

kirin駐車場で土下座しました。

そんなkirinにJAFさん曰く、いや〜、私も初歩を見逃してました。kirinさんのおかげで初歩の大切さを改めて感じました。と。

 

穴があったら入りたい。

もう一度土下座をしながら、次回からは同じ件でJAFさんに電話しないと誓ったkirinです。

 

で、恥ずかしいし、JAFさんには一刻も早く撤収して頂きたい。と念を送っているのに、JAFさんバイクについて語りだします。

 

最近、リターンライダーになった事。

昔は鈴鹿で走っていた事。

オフロードも大好きであちこちの林道を走っていた事。

4気筒エンジンの素晴らしさ。

なかでも、4気筒エンジンについてはエラく熱く語ってくださいます。

 

あの〜、kirinには4気筒エンジンが如何なるものかも解らないのですが…

やっぱり、音が違うのですか?等と解りもしないのに、無理から話を広げるkirin。

4気筒エンジンだけで、20分は語って頂きました。

正直、これで間抜けな呼び出しをチャラにして頂きたい。心の底から祈りましたよ。

多分、祈りが通じたのだと思います。JAFさんは笑顔で缶コーヒーを片手にお帰りになられました。

JAFさんがお帰りなった後、kirinの手に残った伝票には、しっかりと、はっきりと、そこだけ手書きで、

KILLスイッチOFFと書いてありました。

 

JAFさん、ご迷惑をお掛けして、誠に申し訳ございませんでした!

 

でもね、伝票は適当に誤魔化して頂きたかったです。

 

しょぼん。